大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>ってどんな 人にオススメなの?

日本食は健康に良い・・・と良く言われています。

しかしながら、今の日本は食生活でも欧米化が進んでいますし、ファミレスやファストフードレストラン、コンビニなどがそこら中に溢れていて、いつでもどこでも美味しい食事を食べることができるようになっています。

そして、ファミレスやファストフードレストラン、コンビニなどで販売している食事やファストフードって、油を使ってフライにしたり焼いたりしている食べ物や、お肉を使った料理など思いのほか脂っこいものが多いです。

コンビニで販売されているスナック類やポテトチップスなどもフライされています。

そんなことから昔の日本食に比べると私たちの周りには油っこい食べ物がかなり増えてきているのは事実だと思います。

油っこい食事が増えてくると必然的に血液中の悪玉コレステロールの値も上昇してくるのは当たり前なのかもしれません。

ですので、血中悪玉コレステロール値が気になる方は、大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>を飲むのがおすすめになります。

キトサンにはコレステロールの値を押し下げてくれる効果があります。

悪玉コレステロールの値を抑制したい方で、特に医薬品に頼りたくない方は、まずは大正のキトサンが入った青汁を為してみましょう。

また、今の世の中、交通機関も発達してますし建物にはエレベーターやエスカレーターなども付いています。

自動車も普及していますので、私達はあまり「歩く」という行為を昔ほどやっていません。

つまり、運動不足になっている人も多い。

医薬品に頼る前に、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>を毎日飲みながら、更にウォーキングや軽い運動習慣を持つことによって悪玉コレステロール値は下がっていくに違いありません。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>の青汁素材について

大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>には、コレステロール値を下げてくれるキトサンは含まれています。

このキトサンの働きが、トクホの青汁としても評価され、特定保健食品として消費者庁の認可も得ています。

この点がこの青汁の大きな特徴なんですね。

では、青汁の部分はどのような素材が使われているのか?気になる方も多いと思います。
<キトサン>は、そのネーミングからもお分かりのようにメイン素材は大麦若葉です。

大麦若葉の粉末100gにはビタミンB2、葉酸、鉄分などがたっぷり含まれています。

大麦若葉は食物繊維やビタミン、ミネラルなど普段の生活の中で不足しやすい栄養素を簡単に補うことができます。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>はコレステロール値を下げたい方だけではなく、野菜不足が心配な方、脂っこいものが大好きな方やスイーツ大好きな方など偏食が気になる方にも喜んで飲んでいただける青汁になっています。

大正製薬の青汁について詳しくご紹介しているサイトを見つけましたのでここにご紹介します。

ところで、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>には、大麦若葉の他には、抹茶が配合されています。

緑茶は、昔から日本人が習慣的に飲んでいて、日本人は、そのおいしさも十分に知っています。

大正製薬は、抹茶を配合することによって、より美味しく飲める青汁を作ったんですね。