特定保健用食品(トクホ)ってな~に?

トクホ

近年、「特定保健用食品」や「トクホ」とか、良く聞くようになりましたが、そもそも、特定保健用食品(トクホ)って何なんだろう?という疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

大正製薬の青汁「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」は、特定保健用食品(トクホ)として消費者庁から許可を受けています。

●<特定保健用食品(トクホ)とは>
特定保健用食品とは、身体の生理学的機能や生物学的活動に影響を与える保健機能成分を含んでいて、食生活において特定の保健の目的で利用することで特定の保健の目的が期待できる旨の表示する食品の事です。

この特定保健用食品の表示の許可を得るには食品の有効性、安全性について国の審査を受けなければなりません。

また、特定保健食品として販売するには、その表示について消費者庁長官の許可を受けなければならなりません。

●<ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンの許可表示>
大正製薬の青汁「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」が受けている許可表示の内容は以下の通りです。

「本品は、コレステロールの吸収を抑え、血清コレステロール、特にLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きのあるキトサンを配合しておりますので、LDL(悪玉)コレステロールが気になる方の食生活の改善に役立ちます。」

大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」を続けるコツとは?

大正 ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

大正製薬の「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」は、悪玉コレステロールが気になる方にオススメのトクホの青汁です。

しかし、いくらトクホの青汁だとしてもお薬のように即効性はありません。

やはり、コツコツと飲み忘れがないように毎日飲み続けることが必要になります。

大正製薬では、クセの無い青汁原料である大麦若葉が採用され、更に、美味しく飲めるように抹茶を配合して工夫してあります。

また、職場や旅行先にも携帯しやすいようにと、小包に小分けされているので使いやすいですね。

でも、意識しないと、ついつい飲み忘れしてしまう事もあるかも?

ですので、飲み忘れが無いように毎日飲み続けるようにするには、それなりに工夫が必要なのかもしれません。

例えば、食事の時に「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」が目に付くところにおいて置いたり、飲んだ時にはカレンダーにマークを付けるなどなど・・・

私の場合は、別にノートを作って青汁と運動の欄を作って毎日チェックしています。

コレステロール値を下げるには「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」は効果的ですが、なるべく私は運動習慣を身に付けることができるように運動の欄も作ってチェックしています。

大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」のQ&Aコーナー

Q&A

大正製薬の青汁「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」は、特定保健用食品(トクホ)の青汁という事で普通の青汁と扱いが違うのでは?というような疑問をお持ちの方もあるかもしれませんね?

そこで、ここでは 「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」 に関するQ&Aコーナーを作ってみました。

質問1.この青汁に入っているキトサンって何でしょうか?
答え1.キトサンとは、カニやエビの殻に含まれているキチンという成分を濃いアルカリで処理して抽出した天然の動物性食物繊維になります。このキトサンが血中コレステロールの値を下げてくれる関与成分です。



質問2.どのような飲み方がオススメでしょうか?

答え2.1包に100mlの水、またはお湯に溶かして飲んでください。ミルクやお茶に溶かしてしまうとキトサンが持つ渋みが出ることがあります。なるべく水かお湯で溶かして飲むようにしてください。


質問3.このくらいの期間飲み続ければ良いでしょうか?

答え3.このヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンを使った試験でもお分かりのように摂取を始めて4週間ほどでコレステロールが低下したことが実証されています。ですので、まずは4週間飲み続けてみてください。結果が現れた後も飲み続けられることをオススメします。



質問4.原料に使われている大麦若葉の産地は何処でしょうか?

答え4.このヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンに使われている大麦若葉はミネラル豊富な九州産です。主に熊本県の阿蘇周辺の土壌で契約農家さんによって丹精込めて栽培、収穫されています。



質問5.超微粉砕製法って何が優れているのでしょうか?

答え5.一般的な圧搾製法では食物繊維が搾りカスとして廃棄されてしまいます。超微粉砕製法は、大麦若葉の栄養成分を無駄なく丸ごと摂取することができる優れた製法です。



ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>の「難消化性デキストリン」について

大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>はトクホの青汁になっています。

どうしてトクホの青汁に成れたのか?と言えば、それは大麦若葉の青汁に「難消化性デキストリン」を配合して機能性を持たせたからです。

「難消化性デキストリン」は、糖の吸収を穏やかにする働きがあります。

その「難消化性デキストリン」を大麦若葉の青汁に配合することによって、普段から血糖値が気になっている方の悩みを解消してくれる青汁になっています。

血糖値は、特に食後に急上昇するのが普通です。

ですので、食事をする際に大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>を一緒に飲む事によって、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

今の日本は、食べる物には事欠かない飽食の時代になっています。

コンビニには美味しいスイーツやお弁当が溢れていますし、美味しい人気ファストフードチェーンもそこら中に存在しています。

必然的に、日本人の成人の1/4は血糖値が高めだと言われていて、誰もが他人ごとではない状況になっています。

ちなみに「難消化性デキストリン」は、トウモロコシやジャガイモなどの澱粉を分解した後に残った消化されにくい水溶性食物繊維になります。

「難消化性デキストリン」には血糖値の上昇を抑える働きの他にも、食後の中性脂肪の上昇を防ぐ効果や、整腸効果なども認められています。

ヘルシーな食物繊維で安全性も高いので積極的に摂りたいものですね!

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>ってどんな青汁なの?

中高年になると、アレコレと健康が気になってきますね。

その中で、注意しなければならないのが血糖値です。

血糖値が高い状態が続いていると糖尿病になってしまうリスクもありますよね?

ですので、血糖値が気になるようになったら、なるべく早めに予防するようにするのが最善の策です。

血糖値の改善をしたい方のために開発されたのが大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>です。

この青汁製品はメインに大麦若葉の青汁、それに難消化性デキストリンを加えることによってトクホの青汁となっています。

製造工程においては、特許製法である「超微粉砕製法」が使われていることによって、口当たりの良い青汁に仕上がっています。

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>は、血糖値が気になる方の他にも、糖分を多く含んでいるスイーツなどの甘い食べ物、ごはん、麺類やパンなど炭水化物がメインになっている食べ物が大好物な方にもオススメです。

あなたはの血糖値は大丈夫でしょうか?

皆さん、健康を維持するために、定期的に健康診断を受けるようにしましょうね!

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>はどんな人たちにオススメなの?

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>は、トクホの青汁として良く知られていますが、具体的に、どのような人たちにオススメなの?という疑問もあると思います。

今の現代日本は、どこに行ってもコンビニやファストフードショップがあり、美味しい食べ物が食べることができます。

ですが、そのような食べ物は栄養学的にはバランスを欠いていて、特に炭水化物や糖分の割合が高く、他のビタミンなどが少ない傾向にあります。

その結果、小学生でも肥満になったり、中年になると糖尿病になったりする日本人も少なくないようです。

特に、甘いものが大好きな方や、ご飯が美味しくて食べ過ぎてしまう方、ラーメンやうどんが大好きな方、そして普段の食生活で野菜不足を感じている方は血糖値が高くなりやすい傾向にありますので要注意です。

血糖値が高い状態が続いてしまうと、糖尿病になってしまう恐れもあり、最悪、他の病気を併発して命の危険さえあることも・・・

ですので、如何に、糖尿病を予防するか?というのは、とても重要な課題でもあるのです。

それを、予防するには、大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>が効果を発揮してくれます。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>は、やはり、日本国政府の消費者庁がお墨付きを与えた「トクホ」・・・特定保健食品ですからね!

安心して飲み続けることができますよ!