ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>のキトサンってな~に?

大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>は、血中の悪玉コレステロールの値を下げてくれる働きがあることが、トクホの青汁として消費者庁から認可されています。

その働きは、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>の中に配合してある「キトサン」という成分に秘密があるんです。

「キトサン」ってな~に?と思われている方も多いのかも?

「キトサン」というのは、カニやエビなどの甲羅、また、イカの軟骨などに含まれている「キチン」という食物繊維を加工したものになります。

そもそも「キチン」という成分は胃酸でも溶けないので、消化・吸収することができません。

ですので、消化・吸収できて私たちの体内でも利用できるようにするためには加工することが必要なんですね。

実は、この「キトサン」は、血中の悪玉コレステロールの値を下げる働きがあるだけではなく、医療分野の人工皮膚や縫合糸、ばんそうこうなどにも利用されています。

更に、抗菌性があるため農業分野においては、土壌改良や植物病の予防、飼料添加物などにも利用されていています。

このように「キトサン」は幅広く私たちの社会に貢献している成分なんです。

今後も、青汁製品や健康食品などの原料としてもドンドンと利用されていくことが予想されています。