ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>の青汁素材について

大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>には、コレステロール値を下げてくれるキトサンは含まれています。

このキトサンの働きが、トクホの青汁としても評価され、特定保健食品として消費者庁の認可も得ています。

この点がこの青汁の大きな特徴なんですね。

では、青汁の部分はどのような素材が使われているのか?気になる方も多いと思います。
<キトサン>は、そのネーミングからもお分かりのようにメイン素材は大麦若葉です。

大麦若葉の粉末100gにはビタミンB2、葉酸、鉄分などがたっぷり含まれています。

大麦若葉は食物繊維やビタミン、ミネラルなど普段の生活の中で不足しやすい栄養素を簡単に補うことができます。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>はコレステロール値を下げたい方だけではなく、野菜不足が心配な方、脂っこいものが大好きな方やスイーツ大好きな方など偏食が気になる方にも喜んで飲んでいただける青汁になっています。

大正製薬の青汁について詳しくご紹介しているサイトを見つけましたのでここにご紹介します。大正製薬の青汁

ところで、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>には、大麦若葉の他には、抹茶が配合されています。

緑茶は、昔から日本人が習慣的に飲んでいて、日本人は、そのおいしさも十分に知っています。

大正製薬は、抹茶を配合することによって、より美味しく飲める青汁を作ったんですね。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>のキトサンってな~に?

大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>は、血中の悪玉コレステロールの値を下げてくれる働きがあることが、トクホの青汁として消費者庁から認可されています。

その働きは、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>の中に配合してある「キトサン」という成分に秘密があるんです。

「キトサン」ってな~に?と思われている方も多いのかも?

「キトサン」というのは、カニやエビなどの甲羅、また、イカの軟骨などに含まれている「キチン」という食物繊維を加工したものになります。

そもそも「キチン」という成分は胃酸でも溶けないので、消化・吸収することができません。

ですので、消化・吸収できて私たちの体内でも利用できるようにするためには加工することが必要なんですね。

実は、この「キトサン」は、血中の悪玉コレステロールの値を下げる働きがあるだけではなく、医療分野の人工皮膚や縫合糸、ばんそうこうなどにも利用されています。

更に、抗菌性があるため農業分野においては、土壌改良や植物病の予防、飼料添加物などにも利用されていています。

このように「キトサン」は幅広く私たちの社会に貢献している成分なんです。

今後も、青汁製品や健康食品などの原料としてもドンドンと利用されていくことが予想されています。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>ってどんな青汁なの?

大正製薬の商品品ラインナップの中で、コレステロール値を押し下げてくれるトクホの青汁があるのをご存じでしょうか?

それは、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>という青汁です。

ここでは、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>が、いったいどんな青汁なのか、簡単にご説明したいと思います。

大正製薬は、青汁部門においても特定保健食品を開発してきました。

その中の一つが、このヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>になります。

この青汁は、大麦若葉の青汁に「キトサン」という成分を配合し、コレステロールの吸収を抑えることに成功した青汁です。

特に血液中の悪玉コレステロールの値を低下させる働きがあります。

会社での健康診ので血液検査の結果、悪玉コレステロール値が高い・・・と注意された方などは、この大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>を飲み始めることをオススメします。

その効果は、トクホの青汁として政府の消費者庁からもお墨付きを頂いているので信頼できますし、安心して飲み続けることができます。

また、メイン成分は大麦若葉の青汁ですので、野菜不足だとお感じの方、普段の食生活の栄養バランスを整えたい方にもオススメです。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>はどんな人たちにオススメなの?

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>は、トクホの青汁として良く知られていますが、具体的に、どのような人たちにオススメなの?という疑問もあると思います。

今の現代日本は、どこに行ってもコンビニやファストフードショップがあり、美味しい食べ物が食べることができます。

ですが、そのような食べ物は栄養学的にはバランスを欠いていて、特に炭水化物や糖分の割合が高く、他のビタミンなどが少ない傾向にあります。

その結果、小学生でも肥満になったり、中年になると糖尿病になったりする日本人も少なくないようです。

特に、甘いものが大好きな方や、ご飯が美味しくて食べ過ぎてしまう方、ラーメンやうどんが大好きな方、そして普段の食生活で野菜不足を感じている方は血糖値が高くなりやすい傾向にありますので要注意です。

血糖値が高い状態が続いてしまうと、糖尿病になってしまう恐れもあり、最悪、他の病気を併発して命の危険さえあることも・・・

ですので、如何に、糖尿病を予防するか?というのは、とても重要な課題でもあるのです。

それを、予防するには、大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>が効果を発揮してくれます。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>は、やはり、日本国政府の消費者庁がお墨付きを与えた「トクホ」・・・特定保健食品ですからね!

安心して飲み続けることができますよ!

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>の「難消化性デキストリン」について

大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>はトクホの青汁になっています。

どうしてトクホの青汁に成れたのか?と言えば、それは大麦若葉の青汁に「難消化性デキストリン」を配合して機能性を持たせたからです。

「難消化性デキストリン」は、糖の吸収を穏やかにする働きがあります。

その「難消化性デキストリン」を大麦若葉の青汁に配合することによって、普段から血糖値が気になっている方の悩みを解消してくれる青汁になっています。

血糖値は、特に食後に急上昇するのが普通です。

ですので、食事をする際に大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>を一緒に飲む事によって、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

今の日本は、食べる物には事欠かない飽食の時代になっています。

コンビニには美味しいスイーツやお弁当が溢れていますし、美味しい人気ファストフードチェーンもそこら中に存在しています。

必然的に、日本人の成人の1/4は血糖値が高めだと言われていて、誰もが他人ごとではない状況になっています。

ちなみに「難消化性デキストリン」は、トウモロコシやジャガイモなどの澱粉を分解した後に残った消化されにくい水溶性食物繊維になります。

「難消化性デキストリン」には血糖値の上昇を抑える働きの他にも、食後の中性脂肪の上昇を防ぐ効果や、整腸効果なども認められています。

ヘルシーな食物繊維で安全性も高いので積極的に摂りたいものですね!

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>ってどんな青汁なの?

中高年になると、アレコレと健康が気になってきますね。

その中で、注意しなければならないのが血糖値です。

血糖値が高い状態が続いていると糖尿病になってしまうリスクもありますよね?

ですので、血糖値が気になるようになったら、なるべく早めに予防するようにするのが最善の策です。

血糖値の改善をしたい方のために開発されたのが大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>です。

この青汁製品はメインに大麦若葉の青汁、それに難消化性デキストリンを加えることによってトクホの青汁となっています。

製造工程においては、特許製法である「超微粉砕製法」が使われていることによって、口当たりの良い青汁に仕上がっています。

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>は、血糖値が気になる方の他にも、糖分を多く含んでいるスイーツなどの甘い食べ物、ごはん、麺類やパンなど炭水化物がメインになっている食べ物が大好物な方にもオススメです。

あなたはの血糖値は大丈夫でしょうか?

皆さん、健康を維持するために、定期的に健康診断を受けるようにしましょうね!